ランディングページ/バナー制作

成果に直結するランディングページやバナーをご提案。

的確にターゲットを捉える必要性。誘導先を誤ると広告配信はすべて無駄に!

適格にビジネスターゲットを捉えたとしても、何を見せるか、どこに誘導するかを間違えれば、広告配信は、無駄になってしまいます。
ユーザーに「これだ!」と思わせる画像(バナー)から商品やサービスをわかりやすく説明したページ(ランディングページ)に誘導することで目標達成に寄与します。

YDN・GDNなどのディスプレイ広告、Facebook・Twitter・LINEなどのソーシャルメディア広告を実施する際にはバナー、およびランディングページの作りが広告の成果を左右します。

ロカリオの強み

  1. ロカリオのバナー制作
  2. ロカリオのランディングページ制作

1ロカリオのバナー制作

リスティング最大手のノウハウをもとに、GoogleやYahoo!などの広告媒体特性に合ったバナー制作を行います。

バナー制作を行う際、まず広告媒体の特性を理解することから始めます。

どの広告媒体もユーザーに適した広告を届けるための独自のアルゴリズムがあります。
ユーザーにとって好ましいと判断された広告はそのアルゴリズムによって品質スコア(広告の品質を評価する指標)が上がり、品質スコアを改善すれば、より低いクリック単価で、同じ予算でも多くのクリックを集めることが出来ます。

そのため『広告媒体に評価されるクリエイティブ』作成が必須となってきます。

ロカリオは常に最新の情報を把握しています。その為、各広告媒体別の特性を深く理解しており、商材やターゲットに応じ、適切な掲載場所や、クリエイティブをご提案することが可能です。

もちろん、提案だけではなく、どのような広告媒体・クリエイティブにいい反応があったのか。そして、さらに効果を高めるにはどうすればよいのかの分析も常に行い、お客様への積極的な情報共有を行っています。

2ロカリオのランディングページ制作

一般的にユーザーが興味を持って訪れたサイトが興味関心と関連性がない場合、また、コンテンツ不足で求める情報がない場合すぐに離脱します。

また、読み込みが遅い・導線が分かりづらいなど、閲覧する上でユーザビリティ(使用性)が低いとユーザーは離脱します。

ページの表示までに3秒以上かかると40%のユーザーは離脱すると言われています。
さらに操作開始時間が3秒のページは1秒のサイトに比べ、コンバージョン率は38%低下し、直帰率は1.5倍くらいにもなるというデータもあります。

そのため、具体的には、下記を考慮して作成する必要があります。

 

  • 訪れる広告(ターゲット)に合わせて制作する・見て欲しい情報を見て欲しい順にまとめる
  • ゴール(=コンバージョン)までの導線を分かりやすく
  • わずらわしさを減らすため、サイト内遷移をなくした1ページで構成する
  • 2秒以内でページすべての表示を完了させる

まとめ

ロカリオでは運用と制作を一貫して行うため、分析・改善のアクションが早く、最適なPDCAを実現します。

ロカリオのランディングページ制作では、リスティング広告市場トップシェアであるアイレップの膨大なノウハウや独自ツールを用いた調査・分析から、ターゲットに合わせた「シナリオ設計」「デザイン」「ページ設計」まで、一貫したサービスを行っております。

見た目がきれいなだけのページではなく、きちんと調査・分析した上ユーザーが貴社サービスの利用をする流れを作り出します。

バナー制作、ランディングページ制作は共通して、配信するターゲット分析を行い、ユーザーや媒体特性を理解したうえで、わかりやすくメリットを訴求していくことが重要です。

運用と制作を一貫しておこなうロカリオならではの分析・改善の早いスピード感と、グループ企業の豊富なノウハウをもとに、最適なバナー制作、ランディングページ制作をご提案いたします。