ソーシャル広告運用代行(SNS広告)

ユーザーが毎日のように利用するソーシャルメディアに、
精度の高いターゲティングで配信が可能な広告

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)広告は、ユーザーが登録したプライベートな情報や、日常の閲覧履歴等に基づく精度の高いターゲティングが可能です。

すでに私たちの生活に溶け込んでいるSNSは、スマートフォンやタブレットの普及により、接触時間がますます増加しています。

Yahoo! やGoogleで検索するのではなく、TwitterやInstagramで検索行動をとることが主流になっている世代もいるのが実情です。

その流れの中で、ユーザーとの新たなコミュニケーションの場として重要視され、企業や団体でもSNSを用いて情報発信をする専任担当が置かれているケースもあるほどです。SNS広告の配信も同様に取り組む企業が日々増加しており、インターネット広告の中でも重要な位置づけになっています。

ロカリオの強み

  1. ターゲットの選定とクリエイティブがSNS広告成功の鍵。実績とクリエイティブ制作力で成功へ繋げます

1ターゲットの選定とクリエイティブがSNS広告成功の鍵
実績とクリエイティブ制作力で成功へ繋げます

SNS広告は、どのようなユーザーにアプローチするかのターゲット選定、そのユーザーに何を見せるのかのクリエイティブ(バナー・動画)の質が配信成果を大きく左右します。

例えば、広島県尾道市のラーメン屋さんが新規開店の告知したいという場合に、Facebook広告を配信するとします。30代男性のコアなリピーターをまずは獲得したいと考えると下記のようなターゲティングを行い、そのユーザーに見せるクリエイティブを設計します。

ターゲティング

  • 通いやすさ:尾道市から半径3km以内に居住
  • 年齢・性別:30代・男性
  • 興味関心   :ラーメン

クリエイティブ

  • 新規開店クーポンを告知バナー(限定性・お得感)
  • ラーメンを食べる30代男性バナー(自分ごと化)
  • 店舗でラーメンを作る動画バナー(今すぐ食べたい!を喚起)

なぜSNS広告でクリエイティブの設計が重要なのか

SNS広告は、ユーザーの友達の投稿の間に広告が表示されるため、閲覧しているユーザーの興味をひくものでなければ、一瞬で読み飛ばされてしまう、または見てもらえません。そのため、クリエイティブが成果のために重要な要素になっています。

ロカリオでは、SNS広告向けのバナー制作実績を活かして、貴社の広告出稿に最適なクリエイティブをご提案いたします。。

最初にどのようなバナーを配信する方が良いのか、配信した結果、次にどのようなバナーを制作したら成果が上がるのかのノウハウを保有しているため、精度の高い運用を実現します。

「SNS広告に触れる機会が増えて気になってはいるけど、どんなSNS広告が合っているのかわからないから教えてほしい!」 など、ご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。運用型広告トップシェアの博報堂DYメディアパートナーズのグループ企業として、貴社に寄りそったSNS広告の活用をご提案いたします。

ソーシャル広告運用の流れ

ヒアリング
貴社の目標や目的を確認する為、ヒアリングには十分な時間をいただきます。
広告配信の目的やターゲット像を明確にし戦略・全体設計を致します。
ご予算規模に関わらず、お問い合わせください。
全体設計の提案
お客様の目的にあわせた設計を致します。
ヒアリングを基に、目的・ターゲット選定を行い、SNS広告の方針決めます。
誰に? どんな広告を? どんな手法で?を明確にし、全体プランをご提案いたします。
広告メニューの提案
目的達成に向けて、どの媒体、どのメニューが適してるか選定いたします。
ブランディング(認知) 、商品購入、問い合わせ等、目的やどのユーザーモチベーションに配信するかで手法を決めます。
予算からシミュレーションを作成し、適切なメニューをご提案いたします。
運用
具体的なターゲット/広告メニューが定まっても、ユーザーが広告を閲覧しなくては意味がありません。
ロカリオではこれまでのノウハウ・実績をベースに、媒体の仕組み、アルゴリズムを把握し、目的に合わせた最適な配信設計、運用を行なっています。
PDCA
WEB広告で効果を上げるには、広告の成果やマーケット変化を把握しながら、スピーディーに最適化を継続できるかが重要です。
配信後も結果に基いたPDCAを回すことで次のアクションへ繋げます。