リスティング広告運用代行

クリックされるまで費用がかからない、リアルタイムに運用できる広告

リスティング広告は大きく2つに分けることができます。

Yahoo!やGoogleなど検索エンジンで検索されたキーワードに合わせて広告を表示する「検索連動型広告」と、Webページのコンテンツや文脈・ユーザーの行動情報などに合わせて、閲覧中のサイトにバナー広告やテキスト広告を表示する「運用型ディスプレイ広告」 の2種類があります。

リスティング広告は、純広告などと違い、掲載期間での課金や出稿したらその期間や掲載内容を変えることができないものではありません。広告が表示されただけでは料金は一切発生せず、広告がクリックされて初めて課金される「クリック課金」とよばれるモデルを採用しています。

ユーザーがGoogleやYahoo!などで検索をしたキーワードに基づいて、その人に直に響く広告をリアルタイムにコントロールする事ができるという非常に大きなメリットがあります。そしてその広告がクリックされて初めて費用が発生するという、費用対効果が非常に高い広告なのです。その理由は、貴社の商品・サービスを提供したいターゲットユーザーが、それに関連するものを検索している時など、モチベーションが高い瞬間を狙って広告を配信できるためです。

ロカリオの強み

  1. ロカリオでは、運用型広告業界トップシェアのグループ企業のノウハウで、ユーザーが今何を求めているかを分析し、ユーザーに刺さるメッセージを適切に提示します
  2. 目標達成のために『貴社とともに歩む』ロカリオのリスティング広告運用
  3. 運用型広告トップシェア企業のグループナレッジを活かし地方・中小企業を支援します

1ロカリオでは、運用型広告業界トップシェアのグループ企業のノウハウで、ユーザーが今何を求めているかを分析し、ユーザーに刺さるメッセージを適切に提示します

ロカリオでは、これまでの運用実績で積み上げたノウハウに基づいた初期設計を行います。

  • 誰に(どんなキーワードを検索しているユーザーに)
  • どんな広告(どんな情報)を見せるか
  • どこ(サイト内ページ)に誘導するか

このように、上記の3つを基にユーザー視点で考え、広告文の検証を繰り返し、ユーザーに刺さる訴求内容を明らかにします。

また、この初期設計に基づいてどこにどれぐらいのボリュームで表示をするかのコントロールも非常に重要です。配信した結果はすぐに確認をすることができます。その結果に基づいて、『このユーザーに対してはこのような広告を多く出そう』といった調整を細かく行うことで成果を上げることができます。

さらに、ロカリオでは配信結果の数値集計などに独自システムを活用して、何をすれば成果を上げられるのかを素早く把握できるようにしています。これにより運用担当者が、分析・運用調整・改善施策立案・お客様とのコミュニケーションに集中できるようにし、効率的で安定した運用を実現しています。

また、ロカリオは、博報堂DYメディアパートナーズグループとして、Yahoo!・Google社とのパートナーシップが強く、機能改善や最新機能をいち早くキャッチすることができます。

この最新情報・市場情報などにグループのノウハウを加味することで、地方・中小企業のお客様のご予算に合わせた最適な出稿プランをご提案します。

2目標達成のために『貴社とともに歩む』ロカリオのリスティング広告運用

『新規ユーザーの獲得』・『リピーターの増加』など目的に合わせた出稿戦略をご提案します。

貴社の目標や目的を丁寧にヒアリングし、どのように出稿をすれば最大限の成果を獲得できるかを設計します。

例えば、『旅館へのの新規の問い合わせを増やしたい!』と考えた際に、競合他社は「旅館 箱根」など対象地域を含めたキーワードにリスティング広告を出稿しているとします。

貴社がそれを出稿できていなかったらどうなるでしょうか。当然、競合他社に問い合わせをしてしまう可能性が高くなります。

ロカリオでは、キーワードの検索ボリュームを調査し、貴社の商品・サービスを求めるユーザーとの接点を持つために必要なキーワードを洗い出します。そのうえで、競合他社と比較をして、貴社の強みをどのようにを打ち出すことが最適なのかを貴社とともに作り上げていきます。

このように『市場を分析し、ユーザーのニーズ、そして貴社のサービスの強みなどを把握したうえで設計を行う』ことで、『適切な広告を適切なユーザーに配信することを実現』します。

リスティング広告で、顕在層だけでなく、比較検討層・潜在層へのアプローチへと拡大をしていく際にもこの設計が活きてきます。

3運用型広告トップシェア企業のグループナレッジを活かし地方・中小企業を支援します


service_logoロカリオ
は、運用型広告トップシェアの博報堂DYメディアパートナーズグループの強みを最大限に活かし、貴社へのヒアリングを基に、目的・ターゲット選定を行い、リスティング広告の出稿方針をご提案します。

運用は、Yahoo!・Googleの専門知識をもったスペシャリストが、初期設計から分析・改善を一貫して実施することで貴社の継続的な成長をご支援いたします。

ご予算規模に関わらず、目標達成に真摯に向き合い貴社に寄り添った運用をさせていただきます。

リスティング広告運用の流れ

ヒアリング
貴社の目標や目的を確認する為、ヒアリングには十分な時間をいただきます。
広告配信の目的やターゲット像を明確にし戦略・全体設計を致します。
ご予算規模に関わらず、お問い合わせください。
全体設計の提案
お客様の目的にあわせた設計を致します。
ヒアリングを基に、目的・ターゲット選定を行い、リスティング広告の方針決めます。
誰に? どんな広告を? どんな手法で?を明確にし、全体プランをご提案いたします。
広告メニューの提案
目的達成に向けて、どの媒体、どのメニューが適してるか選定いたします。
ブランディング(認知) 、商品購入、問い合わせ等、目的やどのユーザーモチベーションに配信するかで手法を決めます。
予算からシミュレーションを作成し、適切なメニューをご提案いたします。
運用
具体的なターゲット/広告メニューが定まっても、ユーザーが広告を閲覧しなくては意味がありません。
ロカリオではこれまでのノウハウ・実績をベースに、媒体の仕組み、アルゴリズムを把握し、目的に合わせた最適な配信設計、運用を行なっています。
PDCA
WEB広告で効果を上げるには、広告の成果やマーケット変化を把握しながら、スピーディーに最適化を継続できるかが重要です。
配信後も結果に基いたPDCAを回すことで次のアクションへ繋げます。